2010年04月27日

病気早期診断のバイオセンサー技術開発 富士通研究所(産経新聞)

 富士通研究所(川崎市中原区)は独・ミュンヘン工科大学(バイエルン州)と共同で、病気と関係のある体内のタンパク質を短時間で検出する新型バイオセンサー技術を開発した。

 検査に使う血液サンプルを加工する必要がないため、新型インフルエンザなどの病気の診断・治療の大幅なスピードアップを期待できる。

 新技術は、電流に反応する性質を持つ人工DNAを利用。人工DNAの先端に病気に関係するタンパク質と結合する分子を付けて電流を流す。その際の人工DNAの動き方から、検出対象のタンパク質の有無を判断できるという。

 検出にかかる時間とサンプルの量は、従来の100分の1で済む。同社は「医療機関との連携を進め、数年内に実用レベルにしたい」と話している。

【関連記事】
新型インフル1年 危機管理の教訓にしたい
新型インフル「秋に第2波」 強毒警戒「鳥」にも注意
富士通研・三浦フェローにシーモア・クレイ賞 日本人2人目
世界初 抜き取りHDDのデータを自動消去
エコ電源 ロス3分の1 富士通研開発 クラウド普及に弾み

<自民党>舛添氏「新党の『し』の字も話していないのに…」(毎日新聞)
殺人 父親殺害?逃走中の息子、バスと衝突死 大阪・枚方(毎日新聞)
<足立火災>重体の女性死亡(毎日新聞)
アスベスト被害で2400万円賠償命令 介護に慰謝料初認定 大阪地裁(産経新聞)
盗撮の元富山県警警部補に罰金50万円(読売新聞)
posted by ヨコウチ サチハル at 12:37| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。